発達の凸凹を武器にする!カケちゃんすくすく日記②

「え~やだあ~」

こんにちは!sfrの森花です。

今日は久しぶり(と言っても一週間?)に、療育へ。

春休み期間中で、私とにいにとずっと一緒にいるので、今朝「○○(療育名)に行くよ」と言うと「ええええ~」なんて言って、ちょっとごねていました。言葉がまだまだつたないカケは、こうして体をさかさまにしたりゴロンとしたりして、抵抗を見せます。笑

でもよく見たら、顔が笑ってる………。

子どもは連休があると、行きしぶりがありますよね

結局、療育センターの写真をスマホで見せ、英語が大好きなので「先生に新しく覚えた英語、聞いてもらおうよぉ~」なんて言いながら気分を盛り上げていると、機嫌がよくなってきました!

ピースまでし始めたので、これはいけると。起きておふとんの上で、30分くらいかけて「お出かけモード」になりました。

今は春休みだからいいけれど、日頃の朝はこんなにゆっくりとはいきません。登園バスの時間もありますし、ご飯もたべさせなくちゃいけないし、準備もあるしで、なんだかんだ急かしている部分も否めません。

「家を出てからおしっこに行きたくなったら、恥ずかしさでうまく言えないかもしれない!」というのもあるので、必ずトイレには朝2回行かせるようにしています。起きてすぐと、家を出る直前。

「よし!おしっこ完了!」と確認し合うことも、ひとつの安心です。

忙しくても本当は本人のやる気スイッチが入るまできっと待ってあげるのがベストなんだろうなって思います。が、そうもいかないのもまた、仕方ないですよね~。

新年度を迎えるにあたって、気を付けたいこと

療育へ送っていくと、なんだかもじもじしているカケ。

先生が目を合わせ「おはようございます♡」と言ってくれますが、小さなリュックサックをほいっと投げてクールにきめておりました。なんて奴だ…!

そして先生が「もうすぐ新しいクラスですね。不安もあるけど、また色々な経験を積んでいきましょうね。一緒に頑張りましょう」と言ってくださいました。カケは特に敏感な気質や、緊張しやすい特性もあって私も少し心配しています。

発達の凸凹が大きい小さいに関わらず、どのお子さんも今の時期は新しいことが待っていて、ちょっと親もドキドキしますよね。でもきっと最初だけだろうなと、楽に構えることも大事だなって考えています。

そして、「新しい年度なのだから、多少いつもと違う子どもの様子が見られるのは当たり前」と前もって思っておき、自分自身がオロオロしないで、何が起こってもどっしり構えていたいなと思います。(できる限り!)

子どもにとって、新しい節目の新年度。

不安もあるけれど何より安心させてあげたいですね。私も頑張ろうと思います。

今日は療育でどんな活動をしてくるのかな~。お迎えが楽しみです!それではまた!🌸

Follow me!