私たちは、子どもに親が必要なように、子どもを育てる親にも「社会的な親」が必要だと考えています。

特に孤立しがちな現代の子育てにおいては、親子の傍にいる支援者がその役割を担うことが多く、親子に大きな影響を与える存在となります。​


だからこそ、支援者は、きちんとした裏付けのある知識を持ち、培ってきた経験の何を活かすかを考え、深い自己洞察と他者理解に磨きをかけるといったトレーニングを積む機会が必要なのです。​
家族支援マイスター養成講座では、子育て支援に携わる人(保育士・幼稚園教諭・子育て支援スタッフ等)が“家族を支える”という視点を持ち、人の育ちを科学的に捉え、成長を促す具体的なアドバイスができる力を育みます。

中でも愛着形成はとても重要で、母親の安心を引き出しながら、愛着の補強を具体的に支援し、親の育児力を育てていく力を育成していきます。​
<対 象> 保育士・幼稚園教諭・子育て支援員等
<コース> 家族支援マイスターには3つのコース(A・B・C)があり、人の育ちを理解し、実践でき​る難易度によって、ステップアップしていただきます。

Aコース<理解する人>​
人が育つために必要な基本知識を、エビデンス(科学的根拠)に基づき、MECEに学びます。そして一つ一つの知識を断片的に記憶するのではなく、体系的・構造的に組み合わせることで、本質的な問題解決へと誘っていきます。​

Bコース<解決する人>​
複雑な問題をいくつも抱えた困難事例を、質量ともに幅広く、深く掘り下げ、家族支援計画を立案・実践する力を身につけていきます。​

Cコース<発信する人>​​
親が悩むことの多いテーマについて、その課題の全容を理解し、自ら発信者となって「子育て講座」「子育て相談会」を開催。積極的に働きかけることで、潜在的な問題に対しても、早期解決に向けて働きかける力を身につけていきます。​

《スケジュール》

<お申し込み方法>
園の研修として検討したいとお考えの方はご相談に応じます。​
まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。​

<スケジュール>

<お申し込み方法>
まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。​

下のフォームからお気軽にご連絡ください。メールアドレスに返信いたします。↓