家族成育カウンセラーとは?


大人のための心育てのプロ


家族成育カウンセラーとは、次の時代を担う人たちの支え手となる役割を負う人のことで、人がどうつくられているのかを、根拠をもとに理解し、その知識を、それぞれの現場で役立てていただくことを目指しています。(現場とは、学校・保育園・病院・企業の人材育成・地域育成に携わる方などを指します)



家族成育カウンセラーができること


子どもを育てる親、仕事の人間関係
地域における様々な人と関わる方の
人間関係に関するお悩みに対して
根拠ある、具体的で、見通しを持った
アドバイスが出来るようになります。


具体的な活用方法

【保育現場の場合】
子育て中の親の悩みに根拠を持ってアドバイスが出来るようになり
子どもの心育ての実践者として保護者を支援できます。

【教育現場の場合】
保護者の抱える悩みの全容を把握し
問題のカラク リを紐解き、信頼関係の構築が出来ます。

【職場の人材育成の場合】
社内の人間関係の問題を
人のつくられ方の視点から紐解き、課題を見立て
改善への道筋を見出すことができます。

など、人を見る力が育ち
あらゆる場面で活用できます。


人は、生まれ持ったものと
環境によってつくられたものとを

合わせ持っています。


人は、生まれ持つ気質を使いながら、環境に適応するため
あらゆる学習の記憶を積み上げています。
ストレスがかかったり、困ったことに遭遇した時に
どんな方法で対処しようとするか、人によって違うのは
記憶のカタチが違うからなのです。



人は、人によって
つくられる存在なのです。



どんな人にも「生まれ育った家族」があり
家族のカタチによって、その人の適応のカタチ
心のカタチの土台がつくられているのです。
そのカラクリを知り
上手に安心を引き出せる方法を考え
導いていただくことを願っています。



受講者の声

黒沢真美
【profile】
保育士
放課後デイサービス支援員color’s副代表
カメラマン
3児の母

【養成講座について】
時代を知り、からだや脳、心のしくみを、エビデンスという視点から問題を紐解き、解決できるスキルを学ことができます。
同時に自分のことを振り返り、取り巻く環境を知り、人間関係をより円滑にするための関わり方を学ぶことができます。
育児や保育にも役に立ち、自信を持って関わることができる子どもたちや、保護者への安心感を構築することができるようになります。

【鶯千先生との出会い】
12年前、我が子と一緒に参加していた支援センターでの育児講座で先生のことを知り、講座があるたびに受講していました。
「お母さん、それでいいよ」と言ってもらえたことが1番心に残っており、話をしていて涙が出てしまったこともあります。
トイレトレーニングトレーナーの受講をきっかけに家族支援ができるプロになるための講座、研修を受講。同じ想いを持つ人たちとのつながりが広がり、今も保育・保護者対応に活かしています。

【保育士として】
お便りノートでのやりとりで行き違いがあり、保護者の方が気分を悪くしてしまったことがありました。先生に相談したところ「とにかく会って話す。そして、会いたかったと伝える」等、アドバイスをいただき実践してみました。
すると、互いの勘違いだったことが判明。信頼関係を再構築できました。
数年後、ばったり再会した時に「あの時は話を聞いて、親身になってくれてありがとう」と温かい言葉をいただき、自分の中でも自信に繋がりました。

【今後の活動】
今後は、時代という理解を深め、からだや脳、心の仕組み、エビデンスを知り、問題を紐解き、解決できるスキルを上げていきたいです。
人間の感情や想いに触れ、寄り添う。とても難しいですが、経験だけでなく、知識を持って関わることができます。 様々な活動を通じて、自分自身も成長し、我が子や周りの人達へ…幸せの循環を作っていきたいと思っています。



家族成育カウンセラー
コース説明

家族成育カウンセラー養成講座は
ひとまず「入門講座」を無料で受講していただき
ご希望であればさらに深く学べる

3つの段階的なステップを踏むことで
より本格的で専門的な知識を習得していただく資格講座です。

入門講座についてはこちらからご確認ください。


家族成育カウンセラー(本講座)は
3つの講座で構成されています。

>> まずは入門講座(無料)へお申し込み <<

お気軽にご質問ください。

PAGE TOP