「人」アレルギー発症の根拠

皆さんはアレルギーを持っていますか❓
私は流行りの花粉症もなければ、アトピーもありません。
だからアレルギーで苦しんでいる人の気持ちは、本当のところわかってあげられないもどかしさがあります。
で、このアレルギーを「心」に当てはめてみるとちょっと面白いので、紹介しますね❣️

アレルギーって、排除する必要のないものを排除しようと働いてしまううメカニズムを言いますよね。
これを心に当てはめると、排除する必要のない人を、危険だと心が判断して、排除してしまうんです❗️
つまり「異物だ!!」と過敏に反応しちゃうんです。

うまく一緒に生きていける相手なのに、「危険だ!危険だ!」と騒ぎ出す。
自分にたくさんのいいことをもたらしてくれる相手なのに、「危ない!危ない!」と排除しちゃうんです。

自動的に排除のスイッチが入ってしまうので、そうなったらもう拒否と攻撃に進んで、排除に向かってまっしぐら👀

花粉症の人は、花粉が飛び始めると、「ん?そろそろ花粉が飛び始めたか?」と、違和感を敏感に感じるようですね。
他人アレルギーも同じで、一度「危険だ!」と認識した相手が出す刺激に違和感を感じたら、途端に鼻水ゴーゴー、目がかゆかゆ・・・😂
つまり、心がざわざわ、胸がドキドキと、アレルギー反応が強化されて、一層過敏になっていくというわけです💦

異物と判断する基準は3つ❣️

1つは、自分にとって害をもたらすぞ!という信号キャッチ。
暴力暴言もそうですが、無視するとか無関心になるとか、プライドを傷つけるというものも、積み重ねると大きな異物と化します。

2つめは、ルールを共有できるかという信号キャッチ。
自分は「これが常識だろう!」と思っているのに、大きく食い違うと、当てが外れたり、期待が裏切られたりするので、繰り返されれば大きな異物と化すのです。

3つめは、大事だと思っていることを共有できるかという信号キャッチ。
いわゆる価値観っていうやつです。
興味関心が一緒か、話題を共有できるかというのは、なかなか難しいものですが、自分が大事だと思っているものを否定されたり、馬鹿にされればすごく傷つくし、無視されれば「ああ、興味を持ってもらえないんだな」と寂しくなります。
心が疲れている時などは、些細な相手の態度がグサグサ刺さるのです。
これも積み重ねると、大きな異物と化しますので要注意なのです。

一度は心を許して、安心を感じ会えた相手が、危険な存在になる。
それは、相手を「異物」と判断するからなんです。

なんか関係がギクシャクしているなあ、と思ったら、お互いに「異物」と判断していないか、点検してみるのもいいかもしれません。

大丈夫💗
相手が本当は大事な存在であれば、乗り越えていけますよ❣️(鶯)


↓鶯千恭子の有料note「危険な人に惹かれるわけ」が更新されました。是非ご覧ください!!



↓6月23日(水) 11:00〜12:30 〈ばいばいおむつ〉必ず外れる!トイレトレーニング講座
暖かくなってくると、そろそろ⁉︎と考えますよね。そんな方は是非ご参加ください!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です