口ぐせで脳がリフォームできる根拠

皆さん、口ぐせってありますか❓
知らず知らずに口にしている言葉…。


脳は、結構騙されやすい性質を持っているので、口ぐせであっても、すっかり騙されてしまうところがあるんです。
なので、口癖によって幸せになる人もいるし、幸せが遠のく人もいる。


皆さんの周りにもいませんか❓
ポジティブな口癖を持つ人と、ネガティブな口癖を持つ人。
比べてみるとよくわかりますよね👀


私にも「私は運がいいの〜」という口癖を持つ友人がいました。
彼女を見ていて気づいたのですが、とにかく物事を悪く受け取らない、というのが際立っていました。
もちろん、嫌な事があって、愚痴を言うこともあるんですが、なんというのでしょう。
彼女がいうと、全然嫌味にならないのです。
これが本当に不思議でした。
多分これは、彼女がわざとそうしているわけじゃなくて、すでに脳がそう作られているんじゃないかと思うのです。
彼女とはしばらく会えていませんが、今も思い出すと、彼女の屈託のない笑顔しか思い浮かばないほど、明るい印象として私の脳裏に刻まれています✨


そして、口癖のお話でもう一つ。
私を育ててくれた母の口癖が「あなたは守られている」でした。
これはもう、私の潜在意識に深〜く刻まれています。
どんな出来事も「自分に力をつけるために起きている」と素直に思えていますし、「世の中に無駄はない」とも思えています。
嫌な事も、辛い事も、次に来る大きな展開のためには通らなければいけない事だと、心底思えるんです。
これは間違いなく、母の口癖が、私の脳に刻まれた証拠だと思います。


言葉にはパワーがあります。
つまり、言葉が連想させる何かがある。
この”何か”によって、私たちは気分が上がったり下がったりしているのです。


「私は運が悪いんです」
という言葉は、だから悪いことばかり起こるし、こんなに恵まれていないんです。
という意味を連想させますよね。
結果的に、悲観的な性格が強まっていく。


また「私は幸せものなんです」
という言葉は、だからこんなにいいことばかり起こるし、もう感謝しかないんです。
という意味を連想させて、結果的に、前向きな性格が強まっていく。


口癖は、性格に深く刻まれるのであれば、自分が幸せになる口癖を身につけてしまった方が、断然いいに決まっています❣️
今、とても辛い状況にある方も大丈夫。
「今起きていることは、次に来る大きな幸せのために、通らなければいけない道」と、口癖にしてしてください。
それが“本当”になりますよ、きっと❣️(鶯)



↓子どもの心育てに重要なこと、知りたくありませんか?
〈保育力レベルアップ研修会〉心を守る技術 7月25日(日)14:00〜15:30

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です